実はすでに体験しているDMPによるマーケティングとは

オフィスデスク

DMPとは

WEBによる様々なマーケティングが行われている現在では、いかにデータを収集し分析を行い修正を行なうかが最大のポイントになってきています。分析の方法も様々あり、DMPは現在最も注目されているマーケティングに関するプラットフォームです。DMPはデータマネジメントプラットフォームの略であり、データの収集から分析、修正活用まで全ての事が出来るよう開発されたWEB分析プラットフォームの基板です。DMPには2種類存在し、オープンDMPとプライベートDMPがあり、それぞれで目的が異なってきます。オープンDMPはその名の通りデータの収集が開かれた状態で行われます。様々な関連するサーバーなどからマーケティングに関係する情報の取得を行い、客観的なデータの数値を元に様々な分析を行なっていきます。プライベートDMPはその逆になり、基本的に閉鎖環境で分析が行われます。主に自社プラットフォームとの連携による分析で使われ、専用のサーバーやアプリケーションからのデータを元に分析が行われていきます。どちらもマーケティングには欠かせないもので、中でもオープンDMPは様々なメーカーや企業から専用サービスが提供されており、個人でも使用することが出来ます。

DMPが生まれた背景はWEB業界が様々な点においてデフォルトになりつつあるためです。例えばこれまで文字による情報の取得といえば書籍がほとんどでしたが、これが今ではネットサイトに置き換わりつつあります。またテレビなどのマスメディアも現在では動画共有サイトでも専用のページを所有しており、テレビよりもいち早い情報の発信を行なっています。物販に関しても必ずしもウィンドウショッピングを行わなくともイイ時代になっています。様々な予約や取り寄せというのも簡単に出来てしまいます。WEB業界を無視してマーケティングを行なうというのは時代を逆行するようなことであり、分析して上手く活用していくことが求められています。DMPはこの分析をよりしやすいよう統括したプラットフォームであり、バットを振り続ければホームランが打てるという時代から、ボールの方向を分析し、確実にホームランに狙える角度でバットを振るということが求められる時代には必須のものであります。